space
福祉住環境コーディネーターによる
プランチェック

将来を考えすぎたリフォームはあまり良い結果を生まないと言われています。これは、将来を考えすぎた為、今現在がないがしろになり、住みにくいリフォームをしてしまうことがあるためです。しかしながら、現在の住みやすさを壊すことなく、今回のリフォームの中で出来る将来への準備は当然行うべきです。
例えば、「廊下や階段に手すりをつけるための下地補強」、後々この工事を行うには、壁のボードを剥がし、クロスを貼り替えなければならない場合もあります。
フレックスではこのような将来への備えのアドバイスを随時させて頂きます。
 
p閉じる

Copyrights(C)2006 West House co.,ltd All Rights Reserved.